生活にメリハリが付いて良い結果を得る

生活にメリハリが付いて良い結果を得る

別して東京大学や京都大学などといった難関大学への入学を目指している人というのは、浪人を覚悟の上で受験勉強に取り組んでいる傾向にあります。浪人生というのは、現役の受験生と比較してあまり成績を伸ばすことが出来ないと言う人もいます。

現役生にとって大学受験というのはまだ見ぬ未知の世界だからです。大学受験においては、浪人生活を送っている人もたくさんいます。

時間があるということで受験に対してのモチベーションが低下してしまう場合があり、「自分は真にあの大学へ入学したいと本気で考えているのか。?」と思ってしまうワケです。いつも受験までダラダラと過ごしてしまいますと、再度志望校に合格することが出来なく、浪人を繰り返す…という結果になってしまう可能性があります。

このように時間に余裕を持つ浪人生というのは、モチベーションのキープが非常に厳格と言えます。しかし、これについては、絶対にそうだとは言い切れません。

大学入試というのは本人次第だからです。浪人生は、自宅で勉強するか予備校に通うかの選択となりますので、現役生のように時間が足りないと焦る必要もナッシングので、それが原因で逆にだらけてしまう人も何より多くいるようです。

だからこそ、毎日勉強をするのではなく、週に数日ほどアルバイトをするなど、勉強以外の世界にも目を向けた生活をした方が生活にメリハリが付いて好い結果を得ることが出来るかもしれません。浪人生は、過去に大学受験を経験し、このようなものだと理解していますし、自分はこれが原因で失敗してしまったから駄目だったんだと自分自身で理解しているハズです。

ですから焦りという面から考えますと、現役生の方が不廉かもしれません。